コペンGRの作り方2

塗装編

もはや何の疑いもなく黒から塗装するマン

マスキングしたものをシルバーで上書きします。

ここからサフを吹いて好きな色にするとこまで通常営業。

今回は白なので白サフの後、ピュアホワイトで塗装しています。

ステッカー編

コペンRMZの通常ステッカーをスキャンします。その際不要な部分をあらかじめはがしておきました。この時点で名前書くとこもはがしとけばよかったなー。

これを画像処理ソフトでちょいちょいと加工します。前後バンパーのロゴをGRのものに変更したり、ウインカーをオレンジから白にしたり。ほんとうはバンパーの黒い部分にハニカムメッシュのテクスチャを使用したかったけど、流用できそうな画像がなかったため今回は断念しました。

赤い帯状の部分はリアバンパーのリフレクター部分に、必要な大きさに切り取って使用します。【GR】の小さいエンブレム部分は、もらってきたカタログをスキャンして取り込みました。前後のコペンエンブレムは画像検索して写真から切り抜いただけです。よく見ると粗いけどプリント時の大きさではほぼ気にならない、と思いたい…

画像加工でステッカーの不要な部分を消したところ、うっかりハイマウントストップランプも消してしまいました。しかたないのでそれも赤い部分から切り出しました。

おなじみのエーワンラベルにプリントします。今回は使う場所にあわせてシルバーとパールホワイトの2種類を使用。こんな感じで貼っていきますよ。

ん?なんか違和感が…

修正編

そうです。本来あるはずのバンパーとボンネットの分割線がありません。バンパーを接着するとき、当然のようにパテで継ぎ目を消したのですが実は必要な分割線でした。こうならないように資料をよく見ろというわけですよ。

しょうがないのでもう一回彫りなおします。サイバートラックのときにやった、ガイドテープを貼ってラインエングレーバーで彫るやつですね。

よく見るとガタガタだが気にするな。

ちょいラインを強調するため、スミ入れしました。

(ラインエングレーバーというのはこういうミゾ彫り専用の道具です。)

ラインエングレーバー 細彫用 (TT10)
ラインエングレーバー 細彫用 (TT10)の通販ならアマゾン。ホビー, ホビー用工具・塗装・材料, ホビー用工具の人気ランキング、レビューも充実。最短当日配送!

上記の工程を経てなんとか修正しました。ふう。

マフラーは筆塗りでシルバーにしましたよ。

全体図

まだクリアを吹いてないけど、ぼちぼち完成でしょう。

暫時組んだシャーシだったけど、ホイールも別にこのままでいいか。

わりと「らしく」できているのではなかろうか。